【活動報告】第63回 東日本実業団陸上選手権大会 結果報告

日頃より、皇漢薬品研究所の陸上部のご支援・ご声援いただきありがとうございます。

2021年5⽉15⽇〜16⽇にて開催された「第63回 東⽇本実業団選⼿権⼤会@熊⾕スポーツ文化公園陸上競技場」に皇漢薬品研究所 陸上部から2名が出場いたしました。

第63回 東日本実業団陸上選手権大会
5⽉16⽇(⽇):呉重國|シニア砲丸投げ|4位|7m29(写真右)
5⽉16⽇(⽇):先崎航|⾛⾼跳|3位⼊賞|2m00(写真中央)


先崎選手は、強豪選手がいる中、シーズンベスト(そして社会人ベスト)の2mを跳び、3位入賞しました。
また同時に9月に開催される全日本実業団陸上選手権大会の標準記録も突破いたしました。

先崎航(せんざきわたる)選手先崎航(せんざきわたる)選手

先崎選手は今期は好調を維持しており、9月の全日本実業団でも自己ベストの更新、ビッグジャンプが期待されています。

また、このコロナ渦の中、様々な対策を講じて開催をしていただいた運営スタッフのみなさまに心から感謝いたします。

今後も選⼿、スタッフ⼀同尽⼒しますので、応援のほどお願い申し上げます。

お問い合わせはこちら