アカガウクルア

タイで古来より男性能力のサポート素材として珍重。歴史あるハーブ。

アカガウクルア

アカガウクルア

アカガウクルアは、タイ国のメコン川流域の落葉樹林帯に自生しているマメ科ツル性のハーブです。別名「ツルハナモツヤワノキ」、学名「ブテアスペルバ(Butea superba Roxb)」と呼ばれます。根が大きな塊状になり、切断すると真っ赤な樹液が染み出てくることから赤ガウクルアという名前が付けられています。原産地のタイでは、アカガウクルアの根をすり潰し、男性能力の自信、元気・活力サポート素材として用いられてきた歴史があります。

アカガウクルアの根塊には、β-シトステロール、カンぺステロール、スティグマステノール(ステロール化合物)、男性能力をサポートするcAMPのホスホジエステラーゼ阻害活性を有するフラボノイド配糖体、フラボノイドが豊富に含まれています。

男性向けのサポート素材として、健康補助食品の商品開発に、皇漢薬品研究所の「アカガウクルア」を是非ご活用ください。

お問い合わせ
オリジナル原料
原料一覧