キャッツクロウ(ラモン・フィレイラ博士 認定原料)

ペルー先住民の伝承薬。フシブシの悩みに用いられ、多くの研究者から注目を集める機能性ハーブ。

キャッツクロウ

キャッツクロウ

キャッツクロウは、ペルー中部の標高400~800mのジャングルに自生するアカネ科カギカズラ属のつる性植物で、英語で「Cat’s Claw」と表記されます。その名の通り、葉の付け根の軸にある猫の爪の様な棘が特徴で、約2000年に渡り、アマゾンの先住民達が使用してきた伝統のある薬用ハーブです。インカ帝国の時代からペルー先住民達にキャッツクロウの樹皮を煎じて飲むという伝統的な飲用方法が伝わり、今も大切に利用され続けています。

キャッツクロウの最初の研究者であるドイツ人のアルトゥル・ブレルは、キャッツクロウにより自身のリウマチが軽快したと発表。世界各国でも様々な研究結果が挙げられており、1994年にはWHO(世界保健機関)で有用ハーブとしても取り上げられました。世界中の研究者達が様々な有用成分に大きな関心をもち、万能なハーブ素材として注目を集めています。

キャッツクロウの有用成分は、8種類のアルカロイド(植物が持つ窒素を含むアルカリ性の分子)の他、トリテルペン、キノビック酸グルコシド、ポリフェノールなどがあり、特にキャッツクロウ特有のアルカロイドである、イソプテロポディンは、免疫力をサポートし、リンコフィリンは血圧降下や抗血栓をサポートします。

株式会社皇漢薬品研究所では日本に「キャッツクロウ」をはじめて紹介した、キャッツクロウのパイオニア企業です。約20年程前、当社のスタッフが直接ペルー中部のジャングルの中に迄出向き、原料の収穫から出荷迄、徹底した現地主義を貫き、今でも2~3年に一度はペルーに出向き、原料の品質確認にも厳しい目をもって取り組んでおります。

弊社では、「キャッツクロウ樹皮粉末」、「キャッツクロウエキス末」、「お茶用キャッツクロウティーバック刻み」3種類の原料を取り揃えており、幅広い商品化が可能です。健康補助食品の商品開発に、皇漢薬品研究所の「キャッツクロウ」を是非ご活用ください。

オリジナル原料
原料一覧
お問い合わせ