ムクナ

「タイ国立カセサート大学」正規栽培・純原料。「やる気と愛情を高める」注目の素材。

ムクナ

ムクナ

ムクナは熱帯アジアに原生するマメ科のツル性植物です。インドでは1000年以上前から伝承医学であるアーユルヴェーダで強壮剤として用いられていたとされる記述が残されています。

ムクナには脳内のドーパミンの元になる、天然成分「L-ドーパ」が豊富に含まれます。ドーパミンは脳内神経伝達物質で、精神面ではヤル気や性欲を高め、身体面では筋肉を動かす重要な働きをします。ムクナは天然のバイアグラと呼ばれ、男女の元気・活力のサポートに活用されています。また、ドーパミンが減少すると、パーキンソン病・アルツハイマー・うつ病・運動機能の低下・性欲・性機能の低下の原因となります。ムクナは必須アミノ酸やミネラルを豊富に含んでおり、天然L-ドーパとのバランスで健康をサポートする最良の素材として注目を集めています。

タイ国立農業大学(カセサート大学)THMP(Thai Herbal Medicine Plant)では約5年前から、ムクナの研究を行い。 ムクナに含まれるL-ドーパとアミノ酸の量を高め、品質を安定させるための栽培方法を研究。タイの人々の健康と活力を高め、国を発展させることを目標としています。

ムクナ豆は、錠剤・ハードカプセルなどのサプリメントの他、コーヒー、クッキーなど幅広い用途に活用できます。

また、カセサート大学栽培品のムクナは、日本総輸入販売元として唯一弊社のみが契約を交わしており、弊社ムクナを使用した製品には「タイ国立農業大学(カセサート大学)」のエンブレムが使用可能(※別途契約書が必要)。他社との差別化を図り、商品のブランド力を強化できます。

元気・活力サポート素材、メンタルサポート素材として、健康補助食品の商品開発に、皇漢薬品研究所の「ムクナ」を是非ご活用ください。

タイ国立農業大学(カセサート大学)

イギリスの大学評価機関「QS世界大学ランキング」の農・林部門で世界トップ50に挙げられ、タイムズ・ハイヤー・エデュケーションによる「世界大学ランキング」にて、タイ国内大学ランキングで1位に選ばれた実績ある、アジアトップクラスの大学・研究機関です。

オリジナル原料
原料一覧
お問い合わせ